*当サイトには【PR】が含まれています

ビール大国カンボジアの人気銘柄を徹底比較。酒好き必見!

カンボジアのビール

1年を通して気温の高いカンボジア。実は様々なビールが売られています。

お値段も330mlの缶ビールで 0.6USドル程度から

レストランのハッピーアワーなら、生ビールが0.5USドルや0.75ドルで飲めるようなところもあります。

カンボジア国内で生産されているものだけでなく、近隣の東南アジア諸国のビール。欧米の輸入ビールなど、日本ではあまり見ないビールの銘柄がたくさん。

お土産にビールを買って帰るのも、ホテルで部屋飲みをするのも良いでしょう。

今回紹介するビールは
スーパーマーケットで買えます!

CN編集部

日本では購入できる場所が限られていますが、Amazonや楽天で売られているものもあります。「旅行の予定はないけど、ぜひ飲んでみたい」という方は、リンクから購入してみてください!

カンボジアのビール

カンボジア産ビール

カンボジアで製造販売されているビールは以下の通りです。

  • アンコール・ビール[Angkor Beer]
  • カンボジア・ビール[Cambodia Beer]
  • ハヌマーン・ビール[Hanuman Beer]
  • ガンツベルグ[Ganzberg]
  • クルド[Krud]
  • アンカー・ビール[Anchor Beer]

アンコール・ビール[Angkor Beer]

アンコール・ビール

定番にして王道! カンボジアのビールといえば「Angkor」です。

たいていどこのレストランにも置いてあるので、いつでも手軽に楽しむことができます。

カンボジアの暑い気候にあった軽めのピルスナー・タイプのビールです

さっぱりした味わいと軽い喉ごしが魅力。意外と氷を入れて飲むのもおいしいので、よかったら試してみてくださいね!

「My Country, My Beer」というキャッチフレーズとともに、カンボジアで最も愛されています。

アンコール・ビール

Amazonで購入できるカンボジアのビールは
Angkor Beerだけ!

カンボジア・ビール[Cambodia Beer]

カンボジア・ビール

「Angkor」と並ぶ、カンボジアの2大ビールのひとつ、その名も「Cambodia」です。

飲み口はアンコールビールに似ていて、優しく飲みやすいビールです。

ハヌマーン・ビール[Hanuman Beer]

ハヌマーン・ビール

ラベルがカッコいい「Hanuman」ビール!

缶の表面は、マッドの質感に加工されています。濃青と金色のデザインが高級感を醸し出していますね。

それでいて、実はお値段は他のビールに比べてちょっとだけ安め。

AngkorやCambodiaほど軽くはなく、ノドごしを味わう日本のラガー・ビールに似ています。絶妙なバランスの取れた味わいで、最近よく見かける人気のビールです。

このビールは日本でも売れそう……!

CN編集部

個人的には、カンボジアのビールの中ではHanumanがいちばん好きです!

ガンツベルグ[Ganzberg]

ガンツベルグ

ドイツ人のビール専門家がプロデュースしたというビール「Ganzberg」。

お店で出されていることはあまりないですが、いろいろなところで広告を見かけます。

シェムリアップ市内のスーパーなどで購入することが可能です。

苦味は少なめで、クセがなく飲みやすいビールです。ビール独特の苦味が得意でない人は、ぜひこちらを試してみてくださいね。

クルド[Krud]

クルド

カンボジアのビールの中では歴史の浅い「Krud」。

ピルスナー・ビールとの記載がある通り、キレのある爽やかな喉ごしと、ホップの苦味が特徴です。東南アジアのビールらしさを残しつつも、ちょっとだけ味に癖を感じさせます。

お店で提供されているところを見たことがないので、スーパーであえて選ぶということをしないと出会えないビールです。

アンカー・ビール[Anchor Beer]

アンカー・ビール

こちらは「Anchor(アンカー)」。Angkorと間違われることがありますが、別物です。

シンガポールのビールですが、カンボジアでも広く飲まれています。その中でも「Anchor White」は、2022年のモンドセレクションで銀賞を受賞しています。

ラベルには「Battambang’s Finest Rice」と記載がある通り、バッタンバン(カンボジアの都市のひとつ)のお米を使って醸造されたビールだそうです。

レストランで提供されるのは通常のAnchor Beerで、Anchor Whiteをおいている店はあまりありません。

どんな料理にも合うように」というコンセプトで作られた、軽い薄口のビールです。

Anchorはもともとシンガポールのブランドですが、ハイネケン・カンボジア社がカンボジア国内で製造しているビールになります。

シェムリアップのレストランはこちら!

東南アジアのビール

ここで紹介するビールは、東南アジアのビールです。

いくつかのビールは、カンボジアのスーパーやレストランでも見かけることがあります。

  • タイガー・ビール[Tiger Beer]
  • シンハー・ビール[Singha Beer]
  • ビア・ラオ[Beer Lao]
  • 333[Ba Ba Ba]

一部のビールは、カンボジア国内に製造工場があります。

スーパーでは、同じ銘柄なのに値段が異なる場合がありますが、それは「カンボジア国内で製造されたビール」と「輸入物のビール」かの違いです。

輸入物の方が少し高い値段になっています。

タイガー・ビール[Tiger Beer]

タイガー・ビール

シンガポールのビール「Tiger」。

口当たりが軽めながら、しっかりとした苦みと旨みがあります。

シンガポールだけでなく、東南アジア全般に広く飲まれているので、このトラのロゴマークを見たことある方は多いでしょう。

タイガービールはここから購入!

シンハー・ビール[Singha Beer]

シンハー・ビール

タイのビール。

神鳥ガルーダの紋章は「王室公認」の証。タイ語では「ビアシン」と言います。

タイの辛い料理にも合う、コクのある味わいです。

CN編集部

以前Twitterで、「好きな東南アジアのビールは?」というアンケートを取ったところ、圧倒的人気は「シンハー」でした!

東南アジアのビールは、総じて「薄く軽い」のに対して、シンハーは濃いので日本人の舌に合うのでしょう。

シンハービールはここから購入!

ビア・ラオ[Beer Lao]

ビア・ラオ

ラオスのビールです。

日本ではあまり馴染みがないですが、モンドレセレクション等世界のビール品評会で数々の賞を受賞しており、「東南アジアでいちばん旨いビール」という人も少なくありません。

そして、世界一有名なラオス製品もおそらくビアラオでしょう。

麦芽やホップなどの一般的なビールの原料に加えて、ジャスミン米が使われており、これが旨さの秘訣になっています。

ビアラオはここから購入!

333[Ba Ba Ba]

ベトナムのビール。「333」と書いて「バーバーバー」と読みます。

333はここから購入!

カンボジアのビールは当たりつき

ちなみに、カンボジアの缶ビールには、「プルタブ式」のものがあります。

このプルタブ式のビールは当たりつきになっています。

このタイプの缶ビールを飲む時は、プルタブもチェックしましょう。当たりが出れば、買ったお店で引き換えてもらえます!

東南アジアな飲み方

キンキンに冷やしたビールをグビグビ飲むのもいいですが、少しアレンジしてみるのはいかがでしょうか。

オン・ザ・ロック

日本人の感覚だとなんだか邪道な感じがしますが、東南アジアでは、ビールに氷を入れて飲むのは一般的です。

もともとは冷蔵設備のないレストランで始まったそうですが、現在でもビールに氷をいれる習慣は残っています。

氷が融けて少し薄くなったビールは、汗をかいた後にグビグビ飲むことができます。

ペッパー・ビール

カンボジアの名産のひとつ「胡椒」。

グラスに注いだビールの上から、胡椒を少し振りかけてみましょう。胡椒のスパイシーな香りによって、刺激的な味わいになります。

酒飲みの方なら、おつまみ無しでも、これだけで満足してしまうでしょう。

ホワイトエールのような軽いビールの方が、胡椒に合ってオススメです。

pepper_beer

こちらの記事でも胡椒を紹介!

もしくは、「生胡椒の塩漬け」をおつまみにビールを飲むのもオススメです。酒好きの人は、数粒の胡椒だけでお酒が進むでしょう。

生胡椒の塩漬け

カンボジア産の胡椒も日本で購入可能

CN編集部

カンボジア産の胡椒は、ビールだけでなく、もちろん料理にも使えます!

カンボジア、東南アジアのビール|まとめ

レストランで生ビールを飲むのもいいですが、好きな銘柄をスーパーで選んで飲むのも楽しいですね。

いろいろなビールを買って自分のお気に入りを見つけてみてください

現地で飲むだけでなく、お土産にもオススメです!

海外からのお酒の持ち込みには制限があります。税関HPの免税範囲をご確認ください。

カクテルを飲むなら、こちらのお店がオススメ!