*当サイトには【PR】が含まれています

Visit Japan Webの登録方法・使い方を解説|海外旅行前に帰国方法をチェック!

Visit_Japan_Web

2022年11月から、海外から日本に入国・帰国するすべての人対象に「Visit Japan Web」への登録が必要になりました。事前に証明書を登録しておけば、到着後の検疫検査や税関手続きなどもスムーズに行うことができます。

この記事では、Visit Japan Webの登録方法使い方をくわしく解説します。 海外旅行に行かれる方は忘れずにチェックしてくださいね!

CN編集部

スマートフォンがあれば、登録の方法や使い方はとっても簡単!

「2023年4月30日追記」
日本時間4月29日午前0時以降に日本に入国する場合には、有効なワクチン証明書又は出国前検査証明書の提示は不要となりました。

この記事は2023年4月中旬に作成されたものです。ご帰国の際は、必ず最新情報を確認するようにお願いいたします。

お得情報

海外旅行に行くなら、海外旅行保険が絶対に必要

年会費・入会費が無料のエポスカードなら、海外旅行保険が付いてきます!

保険付きのクレジットカードをまだ持っていないなら、今すぐ発行しましよう!

すでにメインカードを持っている方もサブカードとして持っているのがオススメ!

公式サイトを確認!

年会費・入会費が無料
店頭受取で即日発行が可能

Visit Japan Webとは?

「Visit Japan Web」とは、日本に入国する際に「税関申告」「検疫」「入国審査(※)」の手続きをウェブで行うことができるサービスです。

入国審査」は日本人と再入国する外国人は不要です。新規入国する外国人が対象で、利用空港も限られています。この記事では説明を省略しています。

以前は手書きで「携帯品・別送品申告書」を記入し、「My SOS(検疫事前登録)」で検疫をしていましたが、「Visit Japan Web」ではひとつのサイトでまとめて申請することができます!

Visit_Japan_Web解説

「2023年4月30日追記」
日本時間4月29日午前0時以降に日本に入国する場合には、有効なワクチン証明書又は出国前検査証明書の提示は不要となりました。それに伴い、Visit Japan Web上の「検疫手続(ファストトラック)」ボタンは削除されました。

Visit Japan Webを利用するメリット
  • 専用アプリをダウンロードする必要が無い
  • 手書きでの書類記入が不要になる
  • アカウントを登録しておけば繰り返し利用できる

Visit Japan Web の 登録方法

PCからの登録も可能ですが、「検疫事前手続」「携帯品・別送品申告」はスクリーンショットを保存して、入国時に画像で提示する必要があります。旅行時に持っていくスマートフォンでの登録がオススメです!

スマートフォン

登録の作業自体は10数分あれば完了します。ただし、登録した情報が承認されるまでに時間がかかるので注意が必要です。

厚生労働省は帰国の6時間前までに入力を済ませているように推奨していますが、旅先での登録は、ネット環境、必要書類の準備などに手間取ってしまう可能性もあります。

Visit Japan Webへの登録は、日本入国予定日の2週間以内の登録が可能なので、旅程を確認の上、早めに手続きをするようにしましょう。

登録前に準備するもの
  • スマートフォン
  • メールアドレス
  • パスポート
  • ワクチンの接種証明(3回)
    *もしくは検査陰性証明書(帰国前72時間以内)
  • 航空券(日本入国の航空会社名、便名の控えがわかるもの)

Visit Japan Web の アカウント作成

Visit_Japan_Web解説

Visit Japan Web」からアクセスして、トップページの「今すぐ利用する」をタップしてください。

▼Visit Japan Web 入国手続きオンラインサービス
https://vjw-lp.digital.go.jp/ja/

Visit_Japan_Web解説

はじめて利用する場合には「新規アカウント作成」を選択し、メールアドレスとパスワードを設定します。2回目以降は、登録済みのメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

Visit_Japan_Web解説

登録したメールアドレスに確認コードが送られます。確認コードを入力すると、登録完了!

再度トップページから、メールアドレスとパスワードを入力するとログインができます。

本人情報の登録

Visit_Japan_Web解説

ログインが完了したら、次は本人情報の登録を行なっていきます。「利用者を登録」の項目から「本人の情報」をタップしてください。次から画面で表示される質問に答えていきます。

Visit_Japan_Web解説

「パスポート情報」「日本での連絡先(任意)」を入力します。名前の表記は、パスポートと同じになるようにしてください。

CN編集部

「日本での連絡先」は空欄でもOKですが、一度登録しておくと、この後の入力の手間が省けますよ!

入国・帰国予定の登録

Visit_Japan_Web解説

次に「入国・帰国の予定を登録」を行います。画面下の「新規登録」という青いボタンを選択してください。この作業では、日本への到着日、利用する航空会社、便名などを登録します。

Visit_Japan_Web解説

最後に入力した項目の確認が表示されるので、誤りがないかチェックしましょう。入力した情報に誤りがなければ、「予定の登録」と表示された青いボタンをタップします。

これで「入国・帰国の予定の登録」は完了です!

検疫手続(ファストトラック)

「2023年4月30日追記」
日本時間4月29日午前0時以降に日本に入国する場合には、有効なワクチン証明書又は出国前検査証明書の提示は不要となりました。それに伴い、Visit Japan Web上の「検疫手続(ファストトラック)」ボタンは削除されました。

Visit_Japan_Web解説

続いて「検疫手続き(ファストトラック)」を行なっていきます。トップページから、登録した予定を選択して「検疫手続(ファストトラック)」の項目をタップしてください。

CN編集部

このページでは、「ワクチン接種証明書」を使用した場合の画面で説明していきます。「検査結果証明書」を使用する方は、画面の指示にしたがって進めてください。

Visit_Japan_Web解説

必要な項目を入力したら、有効な「ワクチン接種証明書」をアップロードします。

Visit_Japan_Web解説

証明書が登録されると審査になります。

Visit_Japan_Web解説

「審査中」の間は「赤い画面」ですが、無事に受理されると「青い画面」になります。

この「青い画面」を日本到着時に確認されるので、画面を保存しておきましょう。(航空会社によっては、搭乗時の確認もあります)

CN編集部

審査の結果はメールで通知がきます。実際に登録をしたときは、半日ほどで完了しました。ここまでの登録は、海外旅行の出発前に済ませておきましょう

携帯品・別送品申告

今まで帰国の機内で手書き記入していた ”黄色い申告書” が不要になり、こちらから手続きとなります。

海外で買ったものによっては申告が必要なので、現地を出発する前(帰国前日、空港での待ち時間など)に登録をしましょう。

Visit_Japan_Web解説

再度トップページから登録した予定を選択して「携帯品・別送品申告」をタップしてください。

Visit_Japan_Web解説

パスポート(旅券)番号や氏名などの基本情報や同伴家族の確認を入力します。

Visit_Japan_Web解説

申告が必要なものがあるかどうかをチェックしてください。ちなみに、海外から生のフルーツなどを持ち込むことはできないので要注意です!

日本に持ち込みOKなお土産をチェック!

Visit_Japan_Web解説

すべての入力が終わったら、「確認・登録」を行います。入力した情報に誤りがないか確認してください。

Visit_Japan_Web解説

登録が完了すると、QRコードを発行することができます。このQRコードが税関検査場で必要になるので、保存しておきましょう。

日本入国時の流れ

ここからはVisit Japan Webを利用した場合の、日本到着後の主な流れをご紹介します。利用する空港によって多少ちがいはあるかもしれませんが、基本的には同じ流れです。

難しい手続きは一切ありません。飛行機を降りたら手元にスマートフォンを準備しておきましょう!

あらかじめ必要な画面を保存していれば、インターネット接続は必要ありませんが、もしも通信が必要な場合には空港の無料Wi-Fiを活用してください

カンボジアへの行き方はこちら!

STEP

飛行機を降り、入国審査場までの間に、「検疫検査」があります。保存している「青い画面」をすぐに提示できるように準備しておきましょう。

「2023年4月30日追記」
日本時間4月29日午前0時以降に日本に入国する場合には、有効なワクチン証明書又は出国前検査証明書の提示は不要となりました。

入国
STEP

入国審査。日本のパスポートを持っている人は、自動化ゲートを利用すると簡単に入国手続きが可能です。

STEP

預け荷物がある人は、荷物のピックアップ。ターンテーブルに荷物が出てくるまでの待ち時間を利用して、電子申告端末で税関申告を行います。

この端末での税関申告の際に、保存した「税関申告のQRコード」が必要になります。パスポートのスキャンも必要なので、手元に準備しておきましょう。

税関申告
画像は税関HPより
STEP

電子申告端末で手続きが完了したら、荷物を受け取って、そのままゲートをスムーズに通過できます。

税関申告
画像は税関HPより
STEP

手続きはこれで完了です。目的地まで気をつけて向かってください!

お申込みから受け取りまでオンラインで完結

Visit Japan Webの登録方法・使い方|まとめ

2022年11月から、海外から日本に入国・帰国するすべての人を対象に「Visit Japan Web」への登録が必要になりました。

事前に証明書を登録しておけば、到着後の検疫検査や税関手続きなどもスムーズに行うことができます。以前の「My SOS」よりも書類のアップロードなどが簡単で、初めての方でも問題なく利用できるシステムです。

今後、システムがさらに定着していけば、より便利な制度になっていくのではないでしょうか。

CN編集部

2023年3月の利用時は、検疫検査、入国審査ともに問題なくスムーズに終えることができました。税関申告は、電子申告端末を初めて使いました。

ターンテーブルから荷物が出てくるまでの間に終えることができましたが、わたしたちは早朝の到着だったため、並んでいる人も少なかったです。

以前の ”黄色い申告書” を書かなくても良くなったのは楽ですが、端末に長蛇の列ができていると大変になりそうです。”黄色い申告書”での提出も可能なので、混雑状況をみて、どちらにするかを決めてもいいかもしれませんね!

Visit Japan Webについて、さらに詳しい説明を知りたい方は、デジタル庁の操作説明書もあわせてチェックしてみてくださいね。

入国

「2023年4月30日追記」
日本時間4月29日午前0時以降に日本に入国する場合には、有効なワクチン証明書又は出国前検査証明書の提示は不要となりました。

カンボジア入国のビザについてはコチラ