*当サイトには【PR】が含まれています

カンボジアのサーカスで忘れられない感動を体験!|Phare Circus

カンボジアではアンコール・ワットをはじめとした遺跡観光が有名ですが、実は新たな人気スポットとしてサーカスが注目を集めているのをご存知でしょうか?

カンボジアの伝統を活かした数々のパフォーマンスは、そのクオリティの高さから多くの人々の評価を集めています。笑いあり、感動あり、そして迫力満点のサーカスで、忘れられないシェムリアップの夜になることまちがいなしです!

Phare Circus公式ページの写真
Phare Circus公式ページより

Phare Circusってどんなサーカス?

2013年からシェムリアップでのショーを開始したサーカス団「Phare Circus」(ファー サーカス)は、今では定番の観光スポットになりつつあります。

シェムリアップの新しい定番イベント

カンボジアの伝統を活かした演出とアクロバティックな演技は海外からの評価も高く、2021年3月7日には「最長のサーカスショー」としてギネス世界記録にも登録されました。

カンボジア観光といえば「遺跡」が定番でしたが、このサーカスも見逃せないイベントです!基本的にシェムリアップでは毎日20時からショーが開催されているので、ぜひ一度は訪れてみてください。

Phare sets Guinness record – Khmer Times [英語]
https://www.khmertimeskh.com/501188240/phare-sets-guinness-record/

CN編集部

今までに3回サーカスのショーを観ましたが、毎回クオリティの高いパフォーマンスで最後まで圧倒されました!シェムリアップの忘れられない思い出になること間違いなしです!

難民キャンプからのスタート

Phare Circusは、Phare Ponleu Selpak(PPS)というNPOによって運営されています。このNPOは、カンボジア内戦時の難民キャンプで行われていたアートセラピーに参加していた人々によって立ち上げられました。内戦終了後も、様々なアートの才能を持った子どもたちを支援するために活動を続けています。

カンボジア北西部のバッタンバン州にサーカスを学べるパフォーミングアートスクールがあり、そこで学んだ生徒たちがシェムリアップでのショーに参加しています。この学校は試験も授業料も無く、孤児や貧困、家庭内暴力などの様々な家庭事情を抱えた子どもたちが通っているそうです。

CN編集部

わたしたちがサーカスのチケットを購入することで、学校や現地アーティストたちの支援にもつながっていきます!

Phare Circus 公式ホームページ[英語]
https://pharecircus.org/

Phare Circus公式ページの写真
Phare Circus公式ページより

どんな演目なの?

さて、気になる演目は数日おきに交替で行われています。単にパフォーマンスを行うだけでなく、それぞれの演目がストーリー仕立てになっており、観客を最後まで惹きつけます。カンボジアの内戦や歴史、民話などを題材にしたオリジナルで作られた演目ばかりです。

演目のスケジュールはPhare Circus(ファーサーカス)の公式ページに掲載されているので、予約前にぜひチェックしてみてください。数日交替で上演されているので、リピーターの人も新鮮な感覚で楽しめるはずです!

CN編集部

どれも素晴らしい演目ですが、個人的には「Eclipse」という演目がとても面白かったです。コメディあり、ハラハラドキドキの展開ありで最後まで目が離せませんでした!

Phareの公式YouTubeチャンネルもあります!

チケットの買い方は?

Phareのチケットを購入する方法は主に3つあります。

  • 公式ホームページから購入
  • 現地のホテルまたは旅行会社で購入
  • 日本の旅行会社経由で購入

3つの中で一番オススメなのは公式ホームページからの購入です。

公式サイトからの購入がオススメ

オンラインで簡単に決済ができ、余計な手数料もかかりません。ホームページはすべて英語表記ですが、手続きは至ってシンプルです。

メニューから「Tickets」を選択し、購入したいプランを選びます。他のアクティビティと組み合わせたプランもありますが、サーカスだけで十分であれば下記の「Phare Circus Show Tickets」でOK!

赤色の「BUY TICKETS」ボタンをクリックしたら、希望する日程と座席の種類を選びます。選択が完了したら支払い画面に進んでください。いずれも公演は20時スタートです。

Phare Circusのチケット購入画面
サーカスだけのチケットプラン

自力で手続きを進めるのがちょっと不安…という方は、現地のホテルや旅行会社で申し込むこともできます。ホテルごとに対応が異なるので、まずはフロントで確認してみてください。公式料金は18USD〜(*座席によって異なります)なので、手数料が含まれているのかも要チェックです。

また、日系の旅行会社でもサーカス鑑賞のツアーを実施している場合があります。直接購入よりも割高になることが多いですが、日本語で手続きを進められるので、言語面で不安がある人にはオススメです。行き帰りの送迎まで含んでいる場合があります。

市内の移動についてはコチラ

座席は3種類から選べる

座席は3種類から選ぶことができます。

一番安いのが「Section C」で、大人料金(12歳以上)が18USDとなっています。自由席なので、セクション内でどこに座るかは先着順です。開演ギリギリだと席が埋まってしまう場合があるので、早めに到着する方がよいでしょう。

Phare Circus公式ページの写真
Phare Circus公式ページより

「Section B」も同じく自由席ですが、中央の後側から鑑賞することができます。一番高いプランの「Section A」は中央前列の座席です。こちらは指定席になっていて、ボトルに入った冷たいお水も出てきます。

Phare Circusのチケット価格
Phare Circus公式ページより
CN編集部

テント内はそこまで広くないので、遠くて見えない…ということは無いですが、ポールと演者が重なって見えにくい部分はあるかもしれませんね。バッチリ堪能したい人はB席またはA席がオススメですよ!

会場までの行き方のポイント

Phareの会場は中心部からやや離れた場所にあります。

徒歩で向かうのは難しいので、トゥクトゥクなどをチャーターして向かいましょう。

往復でチャーターが便利

周辺はお店や観客以外の人通りも少ないので、あらかじめ往復でドライバーに頼んでおくのが安心です。

往復でお願いする場合には、上演の間の待ち時間もあるので、通常運賃より少し多めにチップを渡してあげると良いと思います。

CN編集部

終演後にいくつかのトゥクトゥクが外でお客さん待ちをしていたので、その場で直接交渉することもできました

ちょっと早めについて散策しよう!

もちろんメインはサーカスのショーですが、実は敷地内にはショップやカフェバーが併設されています。

Phare Circus公式ページの写真
Phare Circus公式ページより

「Cambodian Street Food」は17時半〜19時半で開店しているので、ちょっと早めに着いて現地でゆっくり過ごすのも良いかもしれませんね。食事のお値段は結構お手頃で、1USDから楽しめるメニューもあります。

Phare Circus公式ページの写真
Phare Circus公式ページより

Phareのオリジナルグッズやアート作品も販売されているので、興味のある方はぜひショップも覗いてみてください。売上は現地アーティストたちの支援にもつながります。

軽食も売られていました!

当日の注意点!

ショーの上演は20時〜21時となっていて、舞台となるテントの開場は19時半からです。開演20時を過ぎると入場できなくなるため、到着時間には注意してください。自由席の場合には、席が埋まってしまう可能性が高いので、早めの入場がオススメです!

開演時間の20時を過ぎると、テントの中に入場できなくなります!到着時間には注意してくださいね。

また、テントの中は意外と冷房が効いていて涼しいです。座席の位置にもよりますが、だいぶ快適に過ごすことができました。

屋外エリアでは蚊に刺されることもあるので、気になる方は虫除けスプレーなどの対策もお忘れなく!

カンボジアのサーカス|まとめ

通常のサーカスとちがって、間近でパフォーマンスを楽しめる「Phare Circus」はとにかく迫力満点!シェムリアップを訪れた際には、ぜひ現地でしか味わえない熱い空気を楽しんできてください。子どもから大人まで満足できるはずです!

サーカス学校のあるバッタンバンでもショーが行われているので、気になる方はそちらまで足を伸ばしてみてもいいかもしれませんね。

CN編集部

バッタンバンで行われているショーは、シェムリアップよりもアットホームな雰囲気でした!また違った楽しみもあるので、気になる方はぜひ!

Phare Circus公式ページの写真
Phare Circus公式ページより

pickup PubStreet お土産 お酒 お金 アプサラダンス アンコール・トム アンコール・ワット アート イベント インターネット エシカル エンタメ カフェ キッズ サーカス ジャヤヴァルマン7世 スパ・マッサージ トラブル・病気 バー ビザ フライト情報 フード ホテル レストラン ロリュオス遺跡群 予算 伝統 体験 夕日鑑賞 大回りコース 宿泊 小回りコース 市内移動 持ち物 文化 旅の基本情報 朝日鑑賞 歴史 気候 移動 自然 観光 買い物 遺跡