*当サイトには【PR】が含まれています

シェムリアップの博物館&アートギャラリー|おすすめ6選を紹介!

シェムリアップには歴史や芸術に触れることのできる博物館やアートギャラリーがたくさんあります!市内中心エリアに近い施設もあるので、遺跡観光の合間に訪れてみてはいかがでしょうか?

博物館などでカンボジアの歴史に関する知識を深めると、遺跡鑑賞もさらに楽しくなります。また、カンボジアの内戦にまつわる展示を行なっている博物館では、近現代のアジア史について深く学ぶこともできます。

CN編集部

今回はおすすめの博物館アートギャラリー6選をご紹介します!ぜひアートや歴史に興味のある方は訪れてみてくださいね。

アンコール国立博物館
Angkor National Museum

もはや博物館の定番とも言える存在の「アンコール国立博物館」からご紹介!

シェムリアップの中心部からアンコール・ワットに向かう途中にあり、アクセスは抜群。館内は冷房がしっかり効いているので、日中の暑い時間帯の観光にぴったりです。

アンコール国立博物館
アンコール国立博物館

館内は8つのギャラリーに分かれて展示されており、時代やテーマによって分類されています。中でも見所の一つは、「千体の仏像」を展示しているギャラリーです。年代ごとに仏像のスタイルの変化が見て取れます。

こちらの博物館に展示されているものは、どれも貴重なものばかり。重要文化財を保護するために、実際の遺跡にはレプリカが設置されていることがあるのですが、国立博物館には各遺跡で発見された「本物」が展示されています。

単純に展示しているだけでなく、映像やジオラマを用いた解説もあるので、色々な角度から楽しむことができます。

解説文は英語とクメール語で表記されていますが、受付で日本語の音声ガイドを借りることもできます(5USD)。もしくは日本語ガイド付きのツアーもあるので検討してみてはいかがでしょうか。

施設情報

住所 No.968, Vithei Charles de Gaulle, Khum 6, Svay Dangkum

営業時間【4~9月】8:30~18:00、【10月~3月】8:30~18:30

休館日 年中無休

入場料 大人(12歳以上) 12USドル、 11歳以下 6USドル、6歳以下 無料

公式サイト http://www.angkornationalmuseum.com/

遺跡以外の観光スポットを紹介!

シハヌーク・イオン博物館
Preah Norodom Sihanouk-Angkor Museum

実はこの博物館は日本と関わり深く、名前の通り日本企業である「イオン」の支援によって完成しました。

ここに展示されている仏像などの多くは、ジャヤヴァルマン7世によって12世紀末に創建された仏教寺院「バンテアイ・クデイ」から出土したものです。

シハヌークイオン博物館
シハヌーク・イオン博物館

バンテアイ・クデイ遺跡では、上智大学の石澤良昭先生率いるアンコール遺跡国際調査団によって発掘調査が進められていました。2001年、境内から274体もの仏像が発見され、考古学的な大発見となりました。

それらの貴重な石仏を保存・展示するために建設されたのが、この「シハヌーク・イオン博物館(Preah Norodom Sihanouk – Angkor Museum)です。

「廃仏毀釈」運動とバンテアイ・クデイ遺跡

実はこれらのバンテアイ・クデイ遺跡で出土した仏像は、みな首のあたりで頭部が切り離された状態で発見されました。検証の結果、これらは埋める前に打ち砕かれたものであり、丁寧に埋没されたものであることも分かりました。

なぜこのような事態が発生したのかというと、当時のシヴァ派教徒の反動だったのではないかと言われています。1181年に即位し、アンコール王朝を繁栄へと導いた「ジャヤヴァルマン7世」は敬虔な仏教徒でもありました。バンテアイ・クデイやバイヨン、タ・プロームなど数々の仏教寺院を建設しています。

一方で、ジャヤヴァルマン7世の没後に即位した王は、再びヒンドゥー教を採用しました。そこで、仏教寺院の痕跡を消すために、廃仏行為がなされたのではないかと言われています。

シハヌークイオン博物館
修復がなされた仏像
施設情報

住所 Phum Boeung Don Pa, Khum Slakran Sruk

営業時間 8:00~17:00

休館日 月曜日、カンボジアの祝日

入場料 3USドル、 12歳以下無料

地雷博物館
Land Mines Museum

カンボジアには、クメール・ルージュによる支配と内戦による悲惨な歴史を後世に伝える博物館がいくつかあります。地雷博物館もその一つであり、ここではカンボジア国内で発見・処理された、地雷や不発弾に関するものが展示されています。

この博物館は、元クメール・ルージュの兵士でもあり、ベトナムにも従軍した経験を持つアキラ氏によって創設されました。現地で地雷撤去のための活動をずっと続けています。

カンボジア地雷博物館
地雷博物館

1970年代から約20年にわたって続いたカンボジア内戦により、国内には400万〜600万もの地雷が埋められたと言われています。カンボジアでは2025年までに地雷撤去を完了させることを目標としていますが、作業は難航しており、達成が難しい状況だそうです。

地雷や不発弾は、日本で暮らしていると想像の及ばない部分ですが、カンボジアでは今も根深い問題として残っています。ぜひ世界のそうした現状に目を向けるためにも一度訪れてみてください。

施設情報

住所 Angkor National Park, 7km south of Banteay Srey Temple, Siem Reap

営業時間 8:00~17:00

休館日 年中無休

入場料 5USドル、 12歳以下無料

公式サイト https://www.cambodialandminemuseum.org/

バンテアイ・スレイ遺跡に行く途中にあるので、セットで訪れるのがおすすめです。

戦争博物館
War Museum

こちらも地雷博物館と同じく、カンボジアの内戦を伝える博物館の一つです。市内中心部から、シェムリアップ国際空港に向かう途中にあります。

基本的に屋外の展示で、敷地内には当時使われていた戦車や大砲、戦闘機、そのほかの武器などが置かれている状態です。詳しい解説板などは無く、本当に「そのまま置かれただけ」という雰囲気ですが、かえって生々しさを感じるかもしれません。

カンボジア戦争博物館

きれいに整然と展示された博物館ではありませんが、だからこそ一層のリアリティがあります。市内中心部からは比較的近い場所にあるので、お時間のある方はぜひ立ち寄ってみてください。

施設情報

住所 Kasekam Village, Sra Nge Commune, XU-814

営業時間 8:00~17:30

休館日 年中無休(祝日などは要確認)

入場料 5USドル

公式サイト https://www.cambodialandminemuseum.org/

子どもの森ギャラリー
Khmer Kids Art Gallery

このギャラリーでは、カンボジアの子どもたちが制作した絵画やポストカードなどが販売・展示されています。明るくてのびのびとした筆使いの素敵な作品ばかりです。

このギャラリーは「小さな美術スクール」に併設されたギャラリーで、スクールで学ぶ子どもたちの学業支援と、現地アーティストへの雇用機会の提供を目的としています。「小さな美術スクール」は、元日本の高校美術教師である笠原知子さんによって創設されました。活動に興味のある方は、ぜひ公式ホームページをご覧になってみてください!

子どもの森ギャラリー
子どもの森ギャラリー

購入代金は、公式のホームページによると下記の通り分配されるそうです。小さなサイズの作品ならスーツケースにも簡単に収まるのでおすすめです。明るい絵が1枚でも部屋に飾られていると明るい気分になりますよね!

  • 50%:学生が所属するアーティスト個人または団体
  • 30%:このギャラリーの運営費
  • 20%:画材、教材、奨学金、学生支援など、小さな美術スクールの教育活動のための運営費
Small Art School 日本語サイトより
施設情報

住所 45 Bamboo street,Krong Siem Reap,Cambodia

営業時間 9:00~12:00、14:00~17:00

休館日 水曜日

入場料 無し *作品を購入することができます

公式サイト https://khmer-kids-art-gallery.business.site/

シームズハウス
Theam’s Gallery

カンボジアの現代アートに触れたいなら、シームズハウスがおすすめ!

カンボジアの伝統と技巧を活かしつつ、洗練された現代アートの作品を多数展示しています。展示されている作品はもちろんのこと、施設の上品な雰囲気も素敵です(入り口はちょっと分かりにくいかもしれません)。

シームズハウス

ギャラリーを運営しているTheam氏は、長年の内戦で途絶えてしまったカンボジアの芸術を復興させるために尽力し続けてきました。カンボジアの伝統と技巧を後世に伝えるために、若手に熱心な指導を行なっている人物でもあります。

Theam氏は12年にわたり「Artisans d’Angkor」でディレクターなどを務めたあと、自身のプロジェクトとしてこのギャラリーを立ち上げました。

シームズハウス

展示されている工芸品や絵画などは購入することも可能です。通常の土産物屋ではお目にかかれないようなハイクオリティの作品を探している方は、ぜひこちらに立ち寄ってみてください。購入目的でなくとも、ギャラリーを見学するだけで優雅な時間を過ごすことができます。

施設情報

住所 100m after MOK NEAK high school, Road 30. Phum Veal, Kokchak district

営業時間 8:00~18:00

休館日 年中無休

入場料 5USドル、 12歳以下無料

公式サイト https://theamsgallery.com/

カンボジアの博物館&アートギャラリー|まとめ

カンボジア観光の目玉といえば、やはりアンコール・ワットをはじめとする数々の遺跡ですが、実はシェムリアップにはそれ以外にも見所がたくさんあります!

とくに博物館や美術館は、日差しの厳しい昼の時間帯に立ち寄るのにぴったりです。涼しい館内でゆっくりと歴史や芸術に触れてみてはいかがでしょうか?

鑑賞後には近くのカフェやマッサージなどで更にリラックスする時間を過ごすのもおすすめですよ。

今回ご紹介した場所
  • アンコール国立博物館
    Angkor National Museum
  • シハヌーク・イオン博物館
    Preah Norodom Sihanouk-Angkor Museum
  • 地雷博物館
    Land Mines Museum
  • 戦争博物館
    War Museum
  • 子どもの森ギャラリー
    Khmer Kids Art Gallery
  • シームズハウス
    Theam’s Gallery
アンコール国立博物館

pickup PubStreet お土産 お酒 お金 アプサラダンス アンコール・トム アンコール・ワット アート イベント インターネット エシカル エンタメ カフェ キッズ サーカス ジャヤヴァルマン7世 スパ・マッサージ トラブル・病気 バー ビザ フライト情報 フード ホテル レストラン ロリュオス遺跡群 予算 伝統 体験 夕日鑑賞 大回りコース 宿泊 小回りコース 市内移動 持ち物 文化 旅の基本情報 朝日鑑賞 歴史 気候 移動 自然 観光 買い物 遺跡