カンボジアってどんな国?魅力たっぷりの世界的観光地!

世界的にも観光地として人気の高い、カンボジア。

世界中から多くの観光客が集まるカンボジアには、日本では味わえない不思議な魅力がたくさん詰まっています!どんな国なのか、まずは基本的な情報からわかりやすくご紹介していきましょう。

CN編集部

カンボジアの代名詞とも言える「アンコール・ワット」はもちろんのこと、それだけじゃないカンボジアの見どころもご紹介していきます!

アプサラダンスの踊り子

カンボジアってどこにあるの?

カンボジアは、インドシナ半島に位置し、周りをタイ・ラオス・ベトナムの3カ国に囲まれています。周辺国へのアクセスが簡単なので、カンボジアだけでなく他の国とセットで旅行を楽しむことも可能です。飛行機の乗り継ぎを活用して、東南アジアを周遊してみてはいかがでしょうか?

現在日本からは直行便が運行されていないので、どこかしらの都市を経由することになります。シンガポールやバンコク、ホーチミンなどとセットで旅行するのもお勧めですよ!

カンボジアの地図
カンボジアのどの都市に行くの?

首都はプノンペンですが、観光地として最も人気なのはシェムリアップ(Siem Reap)です。世界遺産アンコール・ワットもシェムリアップにあります。シェムリアップ国際空港が主な玄関口です。
スケジュールに余裕があり、マニアックな旅を楽しみたい方は、他の都市を訪れてみるのもおすすめです!

カンボジアの基本情報

  • 国名 カンボジア王国 [Kingdom of Cambodia]
  • 首都 プノンペン [Phnom Penh]
  • 公用語 クメール語 [Khmer]
  • 宗教 上座部仏教98%,イスラム教1.1%,キリスト教0.5%,その他0.6%
  • 人口 約1671万人 *2020年
  • 通貨 リエル *ただし、USドルも使用可能
  • 面積 約18万㎢
  • 時間帯 UTC+7 [日本の−2時間]
ここがPoint!

国民の約90%は「クメール人」で、主に仏教を信仰しています。基本的に温厚な国民性で、日本に対して好意的な印象を持っている人が多い親日国です。

公用語としては「クメール語」が定められていますが、首都プノンペンや観光地シェムリアップでは、外国人向けのお店も多く、英語でも簡単なコミュニケーションが可能です!

クメール語についてはコチラ

カンボジアの魅力は?

カンボジアにはたくさんの魅力があります。定番の遺跡観光だけでなく、マッサージや買い物、食事など、街歩きも楽しめます!

  • 世界遺産にも登録されている遺跡群
  • 癒しのマッサージ&スパ
  • マーケットでの買い物
  • バラエティ豊富な各国料理

世界遺産にも登録されている遺跡群

カンボジアと聞いて、真っ先に思い浮かぶのがアンコール・ワットではないでしょうか?日本からだけでなく、世界中から多くの人が訪れる有名な観光地の一つです。

そのスケールはまさに圧巻!
人生で一度は訪れたい観光スポットと言えるでしょう。

遺跡と僧侶

実はアンコール・ワットだけでなく、カンボジアには他にも遺跡がたくさんあります。美しい装飾が見どころの遺跡もあれば、ちょっとしたハイキングを楽しめる水中遺跡など、見どころが尽きることはありません!

旅行日程に合わせて、さまざまなプランが可能です。ぜひお気に入りの遺跡を探してみてください。

こんな遺跡も人気です!

癒しのマッサージ&スパ

シェムリアップでは、お手頃な価格で楽しめるマッサージ店から、ラグジュアリーな高級スパまでよりどりみどり。遺跡観光で疲れた身体を癒すのにぴったりです。

また、カンボジアでは実はハーブも有名。伝統療法「チュポン」と呼ばれる薬草サウナを体験することもできます。日本ではなかなか味わえない非日常の体験を味わってみてはいかがでしょうか。

カンボジアのスパ

マーケットでの買い物

シェムリアップには大きなマーケット市場がいくつかあり、特に観光客に人気なのが「オールドマーケット」「ナイトマーケット」です。いろいろな商品が売られているので、お土産を買うのにぴったりな場所と言えます。おすすめのお土産についてはこちらでご紹介しています。

基本的にいずれも値札がついていないので、お店の人と交渉することになりますが、そうしたやりとりも含めて現地の雰囲気を楽しむことができます。

カンボジアの伝統布クロマー
カンボジアの伝統布「クロマー」

オールドマーケット
地元の人も利用する市場で、食料品を扱うお店は早朝から開いています。市内中心部にあるので、アクセスも簡単です。ローカルな雰囲気を覗いてみたい方は、ぜひ訪れてみてください。

ナイトマーケット
お土産物が中心の市場です。ちょっとした小物から、洗練されたアジア雑貨まで各種色々揃っています。こちらは夕方ごろから開店するお店ばかりなので、遺跡観光後に立ち寄るのがおすすめ。

お土産選びに迷ったらコチラ!

バラエティ豊富な各国料理

シェムリアップでは、ローカル料理はもちろんのこと、世界各国の料理を楽しむことができます。特に人気店の料理のクオリティはとても高く、満足すること間違いなし!

観光地であるシェムリアップでは、衛生面に配慮したお店が多いので、ローカル料理に挑戦してみたいという方にもおすすめできます。カンボジア料理は辛すぎない味つけで、日本人の舌に合うメニューも多いです。

おすすめ料理!
  • アモック(魚や鶏肉の入った、ココナッツ風味のカレーのようなもの)
  • ロックラック(牛肉の甘辛タレ炒め)
  • バーイサイッチュルーク(豚肉炒めのせご飯)
カンボジア料理
クメール料理は辛さ控えめで日本人の舌に合う!

また、カンボジアではアルコール類の価格が激安!
ハッピーアワーの時間には、ビールが一杯1ドル以下で飲めることもあります。お酒が飲めない方も、有名な「PUB STREET」の賑やかな雰囲気だけでも楽しんではいかがでしょうか。

カンボジアのパブストリート
毎晩賑わうパブストリート

一人旅から家族連れまで楽しめる観光地

シェムリアップの楽しみ方は無限大!

遺跡観光のイメージが強いかもしれませんが、旅行を楽しめる要素が盛りだくさんの場所です。

  • 世界遺産にも登録されている遺跡群
  • 癒しのマッサージ&スパ
  • マーケットでの買い物
  • バラエティ豊富な各国料理

上記でご紹介した観光スポットやアクティビティ以外にも、さまざまな楽しみ方があります。

それぞれの旅行スタイルや予算に合わせて、アレンジがいくらでも可能です!

カンボジア旅行はこんな方にオススメ!
  • 一人旅バックパッカー
  • 友人でのグループ旅行
  • ファミリーの子ども連れ旅行
  • カップルの記念旅行

遺跡にどっぷりハマるも良し、スタディーツアー等を利用して海外経験を深めるも良し!

おしゃれなアジア雑貨とスパで女子旅を満喫するのもおすすめです。ぜひカンボジアで思い出に残る旅を楽しんでください!

Klook.com

さらに詳しい旅情報は
コチラをチェック!

pickup PubStreet お土産 お酒 お金 アプサラダンス アンコール・トム アンコール・ワット アート イベント インターネット エシカル エンタメ カフェ キッズ サーカス ジャヤヴァルマン7世 スパ・マッサージ トラブル・病気 バー ビザ フライト情報 フード ホテル レストラン ロリュオス遺跡群 予算 伝統 体験 夕日鑑賞 大回りコース 宿泊 小回りコース 市内移動 持ち物 文化 旅の基本情報 朝日鑑賞 歴史 気候 移動 自然 観光 買い物 遺跡