*当サイトには【PR】が含まれています

Wiseデビットカードの登録方法・使い方を解説|カンタンに海外送金&外貨両替

Wiseデビットカード

Wiseとは、マルチカーレンシー口座と呼ばれる、複数の口座をひとつのアプリで管理できるサービスです。

外貨送金、外貨受取、外貨両替などの取引をひじょうに安い手数料でおこなうことができます。

このマルチカーレンシー口座にあらかじめ様々な通貨でチャージしておけば、ショッピングなどで「Wiseデビットカード」を利用することが可能です!

旅行者はもちろん、海外在住者・海外ノマドにもオススメ!

CN編集部

使い方はとっても簡単! 海外に行く機会がある方は一枚持っておいて損はありません

海外在住者で、日本の銀行口座から現地口座への海外送金もカンタンに行うことができます。(この場合、デビットカードの発行は不要です。)

ほぼ即日で着金し、受取額・送金額もアプリ上で事前に確認ができるので、とても便利です!

以下の招待リンクから登録をすると、75,000円相当までの送金手数料が無料になる特典が獲得できます。

送金手数料が無料になる特典をゲット!

※インドネシア在住時にアカウントを作成したので、「IDR9,000,000の送金手数料が無料」という表示になります。2024年4月のレートで85,000円ほどになるので、さらにお得です。

Wiseデビットカードとは?

Wiseが発行しているデビットカードで、自身のWiseアカウントに開設しているそれぞれの外貨口座から直接引き落とす形で決済が可能です。

通常、外国でクレジットカードを用いた決済を行うと、高額な手数料がかかってしまいますが、Wiseではもともと外貨の口座を所有していることになるので、とてもお得にカード決済を行うことができます。

WISEデビットカード

Wiseデビットカードの便利なポイント

Wiseはうまく利用すると、とても便利です。

  • マルチカーレンシー口座
  • 現地通貨のATM引き出し
  • アプリで出入金を管理
  • 海外の銀行口座への送金
  • 外貨での報酬の受け取りも可能

とくに、複数の国を周遊する場合、国を跨ぐごとに両替をするのは大変ですよね。

また、細かい端数が残ってしまうこともあります。

そんな悩みを解決してくれるのもWiseのいいところです!

Wiseのマルチカーレンシー口座

ひとつのアカウントに複数の通貨で口座を持つことができます。東南アジアを周遊する旅行のときに、あらかじめ旅行先の通貨の口座を開設、入金しておけば、適切な通貨で決済が行われます。

wiseカード、実際の画面
実際の画面。必要な外貨口座を開設できます。

もし日本で発行したクレジットカードを使ってカンボジア(US ドル)で決済すると、そのときの為替レートで換算され、さらに決済手数料など余分なお金を支払う必要が出てきます。

しかし、Wiseデビットカードなら、決済手数料はかかりません! わざわざ現金をたくさん両替してくる必要がないのもメリットです。

WISEアカウントのメリット
  • 1つのアカウントで複数の通貨を管理できる!
  • Wiseデビットカードを使えば決済手数料がかからない!
  • 現金をたくさん両替してくる必要がない!

WiseデビットカードでATMから現地通貨の引き出し

現地で現金が必要になったときには、滞在先のATMから現地通貨を引き出すことが可能です。もちろんキャッシング手数料はかかりません!

日本発行のカードの場合、月2回、30,000円相当まで無料で出金できます。出金手数料に関する詳細はコチラをご確認ください。

使えるATMにはVisa、MastercardまたはJCBのマークが付いているので利用前に確認しましょう。

現金を引き出す手順
  1. ATMにカードを差し込む
  2. 使用言語を選択(選択肢がある場合)
  3. 4桁の暗証番号を入力する
  4. 取引内容から「Withdrawal(引き出し)」を選択
  5. 口座は「Savings(預金口座)」を選択
    *質問されない場合もあり
  6. 金額を選択する
  7. カード・現金・明細書を忘れずに受け取る
CN編集部

ATMを利用する際には、背後に注意しましょう! 多額の現金はあまり人に見られないように工夫してください

wiseカード

Wiseアプリで出入金を管理

カードの決済やATMで引き出しをすると、すぐに利用履歴がアプリに反映され、プッシュ通知を受け取るように設定することができます。

不正利用があったときは、すぐに気がつくことができます。

また、カードの凍結や決済の制限などもアプリ上で設定することができるので安心です。

CN編集部

万が一、紛失・盗難などのトラブルが発生した際にはすぐにアプリから凍結の手続きをしましょう!

wiseカード、実際の画面
wiseカード、実際の画面
wiseカード、実際の画面
実際の画面。決済方法別で制限がかけられます。

クレジットカードは、最悪の場合数十万円、数百万円単位の不正利用ということもありえますが、Wiseカードはデビットカードなので、もしも不正利用されてしまったとしても、入金している金額以上に使われてしまうということがありません。

  • デビットカード
    直結している銀行口座から即座にお金が引き落としされる
    預金額以上は引き出すことができない
  • クレジットカード
    決済日にまとめて銀行口座から引き落としされる
    分割払いやリボ払い、キャッシングができる
CN編集部

旅行の予定に合わせて、必要な金額を入金するようにしておけば、使いすぎることもないので安心ですね!

Wiseアプリで海外の銀行口座への送金

デビットカードを発行せずにWiseを利用することも可能です。

通常「日本→海外」「海外→日本」の海外送金は、身分確認が複雑で、手数料も多く取られてしまいます。
(特に、日本の銀行での海外送金に対する手続きはひじょうに煩雑です。)

Wiseアカウントがあれば、海外送金もカンタンにおこなうことができます。

実際のWiseアプリの画面
実際のWiseアプリの画面

ほぼ即日で着金し、事前に受取額・送金額を確認できるので安心です。

海外在住者、海外ノマドの方にオススメのアプリ!

CN編集部

私も生活費の管理は、Wiseを使っています!
アプリでリアルタイムの為替変動が確認できるので、お得なタイミングで海外送金が可能です。

外貨での報酬の受け取りも可能

Wiseアカウントで作成した口座は、報酬の受け取りももちろん可能です。

海外ノマド・フリーランスとして現地企業の業務を請け負った際、現地の銀行口座がなくても問題ありません。

Wiseアカウント内の口座を受け取り口座として指定すれば、外貨送金・両替などの不要な手数料をかけずに報酬を受け取ることができます。

Wiseデビットカードの作成方法

Wiseカードの発行には、まずアカウントの作成からです。アカウントの作成だけなら無料でできます。

デビットカードを発行するには、発行手数料がかかってくるのでご注意ください。

次の手順で、アカウント作成、カード発行を行いましょう。

Wiseアカウントの作成

以下の招待リンクから登録をすると、75,000円相当までの送金手数料が無料になる特典が獲得できます。

送金手数料が無料になる特典をゲット!

※インドネシア在住時にアカウントを作成したので、「IDR9,000,000の送金手数料が無料」という表示になります。2024年4月のレートで85,000円ほどになるので、さらにお得です。

  1. メールアドレスの登録
  2. 「個人アカウント」での口座開設
  3. 「居住国」の選択
  4. 電話番号での認証コードの受け取り
  5. パスワードの設定

これだけでアカウント作成は完了です!

ここまでの手続きは無料で行うことができます。

Wiseデビットカードの発行と本人確認

次に、Wiseカードの発行を行います。カードの発行には本人確認が必要です。以下のものを準備しておきましょう。

カード発行に必要なもの
  • 本人確認書類(マイナンバーカード)
    *居住国によって必要な本人確認書類は異なります。
  • スマートフォン
  • カード発行費用を支払うクレジットカード/デビットカード
    *カード発行費用は初回1,200円(年会費不要)

WISEカード発行の手順

  1. メニュー項目のデビットカードから、「カードを注文する」を選択
  2. 送付先住所の入力/住所はローマ字での入力です
  3. 申し込み内容確認
  4. 入金方法の選択
    クレジットカードまたはデビットカードで、発行費用1,200円の支払いです。通常の郵送であれば送料無料ですが、急ぎの場合は追加料金を払いDHLでの送付も可能です。また、Wise口座への初回入金もここでおこなうことができるので、金額を確認しましょう。
  5. 本人確認
    画面の手順に従って、本人確認書類(マイナンバーカード)と自撮り(セルフィー)画像のアップロードを行います。

これでカードの発行手続きは完了です! 書類審査の後、カードが郵送されます。カードの郵送状況は、メール通知もしくは専用アプリから確認ができます。

カード到着後、「カードのアクティベート」をしなければ使用することができません。
専用アプリをダウンロードし、カードと一緒に届く6桁のPINコードを入力することで有効化することができます。

*カード発行国によって、アクティベートの手順が異なります。

wiseカード

Wise口座への入金

ここまでの手続きでは、口座内にはお金が入っていないので、デビットカードを使用することはできません。

必ず、旅行出発前に口座へ必要な金額の送金をしておきましょう。

初めての送金のときは、口座情報などの確認に少し時間がかかることがあります。余裕をもって手続きを行いましょう。

Wise口座への入金手順

旅行の前には、Wise口座への入金をしておきましょう!

  1. 自身のWiseアカウント上で、入金したい通貨の口座を開く
  2. 「送金」を選択
  3. 送金額もしくは受取額の入力
    このときに、為替レートや手数料などが表示されます。
  4. 入金方法の選択
    入金はクレジットカード/デビットカードでの支払いの他、インターネットバンキングからの支払いなどが可能です。入金用のWiseの口座情報が表示されるので手順に従って入金処理を行いましょう。
  5. 承認待ち
    入金が完了すると、Wise側での承認待ちです。早ければ30分程度で入金が完了します。
CN編集部

実際の送金画面は以下のように表示されます。
送金額を「200,000 JPY」とキリのいい数字で入力していますが、受取額を入力することもできます。

両替レート

Wiseの両替レート

2023年5月初旬の両替レートです。他の銀行と比較してもWiseがいかにお得か一目瞭然です。

両替レート
各ツールとの比較

上記のレートは、1USドル =134.90 円で、手数料も含めた両替レートとなります。街中の両替屋さんよりもお得なレートで取引することができますね!

Wiseデビットカード登録方法、まとめ

旅行や海外出張など、外貨が必要だけどあまり現金を持ち歩きたくない、かといってクレジットカードの手数料も勿体無い

そのような方はぜひWiseデビットカードを活用しましょう。

Wiseアカウントの登録を以下のリンクから行うと75,000円相当までの送金手数料が無料になる特典が獲得できます。

送金手数料が無料になる特典をゲット!

※インドネシア在住時にアカウントを作成したので、「IDR9,000,000の送金手数料が無料」という表示になります。2024年4月のレートで85,000円ほどになるので、さらにお得です。

アカウント作成だけなら無料で可能です。

Wiseカード1枚で完結させるのではなく、他のクレジットカードと組み合わせて利用することでさらに便利になりますよ!

本人確認書類、ATM出金手数料、特典クーポンなどは、居住国やカード発行国によって異なります。詳細は公式ページで確認をしてください。

クレジットカードの比較はこちらから!

wiseカード