カンボジア遺跡の楽しみ方|観光の日数や所要時間をご紹介!

カンボジア遺跡の楽しみ方

カンボジア遺跡の見どころや観光ポイントを簡単にご紹介!

実はカンボジアには、有名なアンコール・ワット以外にも見応えのある遺跡がたくさんあります。ぜひ滞在日程や興味に合わせてスケジュールを組んでみてください。

遺跡を観光するならシェムリアップに行けばいいの?

有名どころの遺跡は、ほぼシェムリアップ近辺に集中しています。市内中心からアンコール・ワットまでは片道約7〜8kmほどです。郊外遠方の遺跡もありますが、いずれも行動の拠点はシェムリアップでOK!

シェムリアップ市内の様子
シェムリアップ市内の様子
このページの内容
  • カンボジアの遺跡の見どころ
  • 滞在日数に応じた遺跡観光プラン
  • 遺跡観光のポイント注意点
CN編集部

各遺跡の情報もこれから随時更新していきますので、お楽しみに!

カンボジア遺跡の記事

カンボジアの遺跡の見どころ

カンボジアには数えきれないほど多くの遺跡が今も残っています。世界遺産として登録されているのは3箇所です。

アンコール・ワットをはじめとする遺跡群は、アンコール遺跡群として登録されており、指定エリア内には多くの遺跡が今も残っています。

カンボジアの世界遺産
  1. アンコール遺跡群(Angkor)1992年登録
  2. プレアヴィヒア寺院(Preah Vihear Temple) 2008年登録
  3. サンボープレイクック遺跡群(Prasat Sambor)2017年登録
  4. コー・ケー遺跡群(Koh Ker Temples)2023年登録

まずはアンコール遺跡群を中心に観光するのがオススメです。アンコール遺跡群だけでも、大小合わせてたくさんの遺跡があるので、定番の遺跡を中心にスケジュールを組んでみましょう。

アンコール・ワット
アンコール・ワット

プレア・ヴィヒア寺院は、遺跡そのものだけでなく、山頂からの絶景がとても人気です。ただし、隣国タイとの国境付近でもあり、シェムリアップから日帰りは可能ですが、丸一日がかりになるため、スケジュールに余裕が必要です。

プレア・ヴィヒア寺院
プレア・ヴィヒア寺院

サンボー・プレイ・クックも同様に、シェムリアップからはだいぶ遠方の遺跡になるため、時間と費用がかかります。

サンボー・プレイ・クック遺跡群
サンボー・プレイ・クック遺跡群

まずはシェムリアップ近郊のアンコール遺跡群がオススメ!少しマニアックな遺跡も観光したい人は、遠方の遺跡もぜひ検討してみてください。

2023年に世界遺産に登録されたばかりのコー・ケー遺跡群もオススメです! 7段のピラミッド型寺院の頂上から眺める景色は美しく、一見の価値あり。ぜひ機会があればシェムリアップから足を伸ばしてみてくださいね。

コー・ケー遺跡群
コー・ケー遺跡群

こちらの記事もオススメ!

滞在日数別!おすすめ遺跡観光プラン

基本的に遺跡観光できる時間帯は、7:30〜17:30です。ただし、アンコール・ワットやプノン・バケンなどのように、朝日や夕日を鑑賞できるスポットに関しては、早朝から日没まで入場することが可能です。

くわしくはコチラを確認!

カンボジアは日中の気温が高く、屋外にある遺跡を一日中歩いて観光するのはかなり大変であるため、ある程度の時間に絞って巡ると良いと思います。

遺跡観光には何日ぐらい必要?

ガイドブックに記載されているような遺跡を制覇しようと思ったら2週間程度は必要ですが、人気のある有名遺跡を中心にピックアップするのであれば2〜3日程度が目安です。

4〜5日程度あれば、十分に余裕を持ったスケジュールを組むことができます。
遺跡観光はアレンジの自由度が高いので、まずは行きたい場所の優先度を決めて、ルートを調整してみましょう!

サンボープレイクック遺跡
一つの遺跡にどれくらい時間がかかるの?

遺跡の規模や好みにもよりますが、例えばアンコール・ワットバイヨン寺院であれば、壁面彫刻を鑑賞すると2時間はかかります。

タ・プロームプリア・カンなどの中規模遺跡であれば1時間弱、さらに小さな遺跡であれば数十分程度が目安です。

燃え尽き症候群に注意!

一度にあまり多くの遺跡を鑑賞していると、次第にどれも同じように見えてきて、いわゆる「遺跡疲れ」になってしまいがち。観光を楽しむためにも、余裕のあるスケジュールがおすすめです!

トゥクトゥク

人気遺跡を制覇プラン
[ 2 to 3 days ]

まずは人気の有名スポットを観光したい!という人におすすめなのが、下記の遺跡です。特に観光客に人気のアンコール・ワットバイヨンタ・プロームを中心に、遺跡巡りを始めてみてはいかがでしょうか。シェムリアップからやや遠方になりますが、ベンメリアバンテアイ・スレイも必見のスポットです!

一般的に「小回りコース」「大回りコース」と呼ばれるルートがあります。現地のドライバーさんたちにもお馴染みのルートなので、こちらを基準にプランを立てるのもおすすめです。

小回りコース
所要時間の目安は6時間。全体で約20km。タ・プロームやバンテアイ・クデイを含む、人気の定番コースです。

小回りコース
小回りコースの人気遺跡

大回りコース
所要時間の目安は4〜5時間。小回りコースよりも北側の遺跡を中心に巡ります。基本的に大回りコースにはアンコール・ワットやアンコール・トムは含まれないので注意してください。

大回りコース
大回りコースの人気遺跡

ツアーによっては立ち寄る遺跡の組み合わせが異なることがあるので、どうしても行きたい遺跡がある場合には事前に確認しておきましょう

じっくり探検プラン
[ 4 to 5 days ]

もう少し色々な遺跡を巡ってみたい!という方は、下記の遺跡もプランに加えてみてはいかがでしょうか。やや遠方の遺跡は、途中の道のりでカンボジアの長閑のどかな風景を楽しむこともできます。

スラスラン遺跡
スラ・スランでの朝日鑑賞

人気遺跡は混雑していることが多いですが、穴場スポットなら静かにゆっくりと楽しむことができます。じっくり写真撮影を楽しみたい方にもおすすめです。

遠方遺跡にも挑戦プラン
[ More than 5 days ]

スケジュールに余裕のある方は、シェムリアップから少し足を伸ばして遠出してみてはいかがでしょうか。壮大なスケールの自然と融合した見事な景色を楽しむことができます。

*太字はオススメ

クバールスピアン遺跡
クバール・スピアンの水中遺跡

遠方の遺跡は、車やトゥクトゥクの事前手配が必要になる場合があります。ホテルやツアー会社に確認しておくのが安心です。場所によって、トゥクトゥクでは行けないこともあります。

遺跡観光のポイント・注意点

カンボジア旅行を最後まで楽しむためにも、遺跡観光の際には安全・健康に十分に注意しましょう。日本とは環境も異なるため、無理をしないことが肝心です

CN編集部

体調が優れないときには、無理に遺跡観光をせず、ゆっくり休息をとってくださいね!

バンテアイ・スレイ遺跡
バンテアイ・スレイ遺跡
  • 熱中症に気をつける
    場所によっては日陰が無いことも多く、石造りの地面の上を歩くと、余計に暑さを感じます。水分補給はこまめに行い、適度に休憩をはさんで行動してください。
  • 動きやすい服装で
    基本的に観光エリアの遺跡は整備されていますが、足元が不安定な箇所も多いです。安全のためにも、高いヒールや滑りやすい靴は避けましょう。段差が多いため、動きやすい服装をおすすめします。
  • 荷物は最小限に
    徒歩移動が多いため、荷物は少ない方が負担が少なくなります。また、両手が塞がった状態で移動すると、転んだ際に危険です。できるだけ両手は自由に使える状態にしておきましょう。
  • 信仰への配慮とマナー
    遺跡(寺院)は、現地の人々にとって今もなお大切な信仰の対象です。特に服装には配慮し、露出の多い服装は避けましょう服装によって一部立ち入りできない場所があります)。遺跡によじ登ったり、石像に乗ったりする行動は禁止されています。
遺跡と僧侶
女性は特に僧侶に触れることがないように要注意

現地観光ガイドについて

シェムリアップにはたくさんの現地ガイドの方がいます。実は、カンボジアの観光ガイドは免許制で、専門カリキュラムを修了して、国家試験に合格した人だけが働くことができます。

遺跡だけでなく、カンボジアの歴史に関する知識もとても豊富なので、より深くカンボジア旅行を楽しめます日本語で対応できるガイドの方もたくさんいるので、言語が不安な方でも安心ですね。

スラ・スラン遺跡
遺跡観光にガイドは必要?

もちろんガイドをつけずに、トゥクトゥクや車だけチャーターしたり、自転車で回ったりすることも可能です。

ただし、初めての方にはガイド付きがおすすめ!見落としがちなポイントも解説付きで楽しめますし、写真撮影にぴったりな場所も教えてくれます。ぜひ好みのスタイルに合わせて検討してみてください!

海外ツアーを探してみる!Klook.com

CN編集部

いかがでしたか?こちらのページではカンボジアの遺跡観光の基本的な情報をお伝えしました。

チケットの買い方トゥクトゥクの乗り方各遺跡の紹介などは下記のページで紹介しています。ぜひこちらもあわせて参考にしてみてください!

カンボジアの遺跡に関する
さらにくわしい情報はこちら!

pickup PubStreet お土産 お酒 お金 アプサラダンス アンコール・トム アンコール・ワット アート イベント インターネット エシカル エンタメ カフェ キッズ サーカス ジャヤヴァルマン7世 スパ・マッサージ トラブル・病気 バー ビザ フライト情報 フード ホテル レストラン ロリュオス遺跡群 予算 伝統 体験 夕日鑑賞 大回りコース 宿泊 小回りコース 市内移動 持ち物 文化 旅の基本情報 朝日鑑賞 歴史 気候 移動 自然 観光 買い物 遺跡